アオバト 8月8日(土)

梅雨が明け急に厳しい暑さが続きます、朝のうちの涼しい時間を狙って日の出から7時頃まで照ヶ崎海岸でアオバトの撮影をしてきました今日は土曜日の休日なのでカメラマン50名が望遠レンズをつけた三脚が並びました、アオバトは一日中飛来しますが日の出から午前中が大きな集団が飛来する確率が大きい おっと危ない波に呑み込まれそう 夜明けの岩礁…
コメント:0

続きを読むread more

作品展写真 8月1日(土)

毎年この時期に写真愛好会の作品展を開催しておりましたが昨今の諸般の事情により本年は中止することになりました、本来ならば第24回作品展を会員14名が1人4点出展し1点は会共通のテーマ「いやし」を残り3点は各個人のテーマとして準備をしてきました、中止に伴い準備した私の写真をブログ上での作品発表とさせていただきます 会共通テーマ「いやし…
コメント:0

続きを読むread more

花菜ガーデンの蓮花 7月29日(水)

昨日、平塚市寺田縄にある県立花菜ガーデンの蓮の花が見頃との情報で撮影してきました、マスク着用で入口で検温し安心して撮影を楽しむことが出来ます、蓮池は木道にに沿っていろいろの蓮が植栽され赤、白、ピンクの花がまじかで撮影できます蕾もまだ沢山ありしばらく楽しめそうです 梅雨の曇り空を活かして新鮮な花を選びハイキーでソフトに仕上げました …
コメント:0

続きを読むread more

遺跡と蓮花 7月22日(水)

今にも降り出しそうな天気ですが市内にある日向天成園さんの蓮池の花が咲きだしたのではないかと訪れました、今年はどこの蓮池も花が少ないようです、ここの池も蕾はあるものの例年より少ないです、隣接する日向洗水遺跡今年は手入れがされていましたので撮ってみました 伊勢原市日向洗水遺跡の周囲に咲いていた百合の花 この遺跡から出土した遺物は…
コメント:0

続きを読むread more

中井蓮池の里 7月20日(月)

今年は長梅雨でなかなか撮影の機会がありません、今朝は東の空が明るかったので中井町蓮池の里に蓮の花と蜜蜂の撮影に行ったのですが蓮の花は天候の関係か花は少なめでした、蜜蜂も日が昇り蓮の花が開く頃ようやく蜜を集めに飛来してきました例年なら群れで飛来するのですが今年は1~2匹でしか飛来してきません 蓮の花が開く時間に合わせて飛来する蜜蜂 …
コメント:1

続きを読むread more

伊勢原の百合 7月10日(金)

長梅雨で各地に被害が及んでいます、被災者の皆様お見舞い申し上げます復興に頑張ってください。しばらくはテーブルフォトで写真を楽しんでいましたが雨が止み曇り空、久しぶりにカメラ片手に山百合の撮影に運動公園を訪れました、ちらほらと咲きだしていますが日陰の部分はまだ蕾が固く1週間くらい開花が遅れそう 山百合の特徴、花の色は白色ですが花びら…
コメント:0

続きを読むread more

シャボン玉アート 7月1日(水)

前回のビー玉ブログ大変ご好評頂きましたので今回はシャボン玉アート作品を紹介いたします、シャボン玉の作り方は照明に工夫を凝らした以外は前回と同じです、シャボン玉には色々種類があります、割れないシャボン玉とかきらきら光るシャボン玉など今回使用したのは色が変わる「忍者シャボン玉」で説明書によると吹き始め5秒前後虹色の玉が出て6~10秒前後青玉…
コメント:0

続きを読むread more

ビー玉と遊ぶ 6月21日(日)

コロナウイルスが一段落した昨今、これからは猛暑と熱中症が心配です日中は撮影する勇気が出ません、花の撮影時期も菖蒲から紫陽花と進み、この後は百合の花・ラベンダー・蓮の花と昨年は撮影していました、今回は室内でも撮影出来るシャボン玉とビー玉を使って試行錯誤して撮影した作品を紹介します ソビエット連邦の宇宙飛行士ユーリー・ガガーリンの言葉…
コメント:1

続きを読むread more

日蔭道の紫陽花 6月12日(金)

関東甲信が梅雨入り平年より3日遅いという、梅雨と言えば紫陽花ですね昨日は鎌倉時代に源頼朝と北条政子が日向薬師参詣の折に通った言う日蔭道の紫陽花を撮影してきました、おりしもテレビでプロが教える紫陽花の撮り方教室を見てまねをして撮影してきました 日蔭道は「かながわの古道50選」のひとつで、北向きの土地で日陰になることからこの名がついた…
コメント:1

続きを読むread more

鮮やかハナショウブ 6月9日(火)

初夏の訪れを告げるハナショウブの花、県立相模原公園閉鎖されていた駐車場も1日からオープンされた新聞の情報によるとハナショウブが見頃とのことで訪れました、園内の「水無月園」には118種2万2千株が植えられているというハナショウブが満開となり紫・青・白などの花がカメラマンゃ来園者の目を楽しませている 水に映り込むハナショウブ前ボケで撮…
コメント:0

続きを読むread more

新緑 6月6日(土)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、閉鎖されていた公園や駐車場1日からオープンし始めた、「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」という俳句がありますが初夏の目にも鮮やかな新緑の青葉を今回の撮影目的として各公園を散策してきました   七沢森林公園、里山を丸ごと整備した広大な都市公園で雨上がりのしっとりとした新緑を撮影 新緑に覆われて少し…
コメント:0

続きを読むread more

彫刻美 6月1日(月)

伊勢原市には重要指定文化財の彫刻が数多く存在します、特に彫刻では大山寺の木造不動明王坐像や日向薬師寺宝城坊の各仏像などが有名です、今回は手軽に撮影できる日向薬師寺の仁王像と高部屋神社の彫刻美を撮影してきました 伊勢原市の指定文化財日向薬師寺仁王門阿形像今回は彫刻美を表現するためにあえて白黒写真に変換しています、昼間に撮影しましたが…
コメント:0

続きを読むread more

テーブルフォト 5月28日(木)

テーブルフォトとは、一般的にテーブル上に置かれた小物・花・スィーツなどを撮影した写真を「テーブルフォト」と呼んでいます、最近はスマホで心を込めて作ったお料理やお菓子などをレストランで写真を撮っいる人をよく見かけます、今回は庭に咲く花などを使ってテーブルフォト写真を撮ってみました 今回は2枚の鏡を使っての撮影、V字に置いた2枚の鏡の…
コメント:1

続きを読むread more

タンポポ綿毛と水滴 5月21日(木)

コロナウイルスも峠を越したようですが油断は禁物です、公園を散歩方々カメラとスプレイ・スポイトを持って綿毛や花々に水滴を乗せて撮影してきました、水滴は傷薬のグリセリンを水で薄めて粘度を調整して、スポイトで水滴を作り花に乗せてます まだ新鮮なタンポポの綿毛を探し1本残して水滴を乗せマクロレンズて゛撮影 今にも飛んで行きそうな綿毛…
コメント:0

続きを読むread more

早苗田富士 5月14日(木)

今日は沖縄を除く日本列島は広範囲に高気圧に覆われ穏やかな晴となりました、富士山も良く見えて風もないこのような条件がそろった日は早苗田に映り込む富士山が綺麗に撮れる、朝飯前の4時に出発、東名高速で朝焼け富士を眺めながら御殿場市に到着、田んぼに映り込む富士を探して2時間撮影して帰ってきました 毎年撮影するぐみ沢、富士山側に障害物がなく…
コメント:0

続きを読むread more

移動体追尾撮影 5月8日(金)

被写体が激しく動く写真は自衛隊の戦闘機や新幹線位しか撮影していません今回は一番難しいというカワセミの移動体追尾撮影に挑戦しました、普通の撮影器材では静止画像しか撮れませんので自由に動かせる雲台・望遠レンズ・照準器を準備しカワセミの水中ダイビング撮影を悪戦苦闘して撮影したものを掲載します カワセミが止まり木から水中にダイビングし止ま…
コメント:1

続きを読むread more

水辺の野鳥 5月1日(金)

コロナが早く収まることを祈ります、三密を避け風薫る5月のすがすがしい空気を吸いながら公園の水辺で野鳥たちを散歩しながらの撮影、外出自粛で皆さんストレスが相当たまっているのでしょうか公園を散歩する人達もちらほら見受けられます カワセミの止まり木にシジュウカラがやってきました、せわしなく動いているシジュウカラピント合わせが大変 …
コメント:0

続きを読むread more

展示写真 4月24日(金)

しばらく掲載ご無沙汰いたしておりました、コロナウイルスの関係で撮影に出かけられませんので今回は店舗や企業施設等に展示させていただいてる写真や各市の主催の写真展がコロナ関係で中止になり出品を予定していた作品など掲載してみました チューリップの花言葉「思いやり・誠実な愛」を表現しようとチューリップ根元からマクロの特殊レンズで優しくボカ…
コメント:0

続きを読むread more

チューリップ 4月11日(土)

県立秦野戸川公園の7万本のチュウリップとパークセンター前の八重桜が見頃を迎えております、チューリップフェア―はコロナウイルスの関係で中止となっております、駐車はできますが園内の散策は他の人と適当な距離を保っよう注意書き 春の風物詩になっている戸川公園のチューリップ丹沢山塊をバックに見事な景観を醸し出している 毎年違ったデザイ…
コメント:0

続きを読むread more

渋田川の芝桜 4月9日(木)

伊勢原市上谷地区を流れる渋田川河畔に植栽された芝桜が見頃を迎えています、神奈川花の名所100選にも選ばれていて散りゆく桜と芝桜の競演が楽しめます、今年はコロナウイルスの関係で芝桜まつりは中止になっています 日の出まじかの6時頃から撮影開始まだ光が回ってこない、芝桜河畔車は走っているものの人影はない 川幅5mの渋田川、西側土手…
コメント:0

続きを読むread more